任天堂がゲーム機「スイッチ」を増産へ、24年3月期も強い需要に自信

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)は、任天堂が開発を行い、2017年3月3日に発売した家庭用ゲーム機。日本でのキャッチコピーは、「カタチを変えてどこへでも」「いつでも、どこでも、誰とでも」(本体パッケージには「play anytime, anywhere, with anyone…
132キロバイト (11,897 語) - 2023年1月20日 (金) 13:53

1 名無しさん必死だな
半導体不足が緩和してきたことで供給体制への不安和らぐ
今期の出荷計画は2100万台程度となる可能性が高い、と関係者
任天堂が家庭用ゲーム機「スイッチ」について、来期(2024年3月期)も強い需要が続くことに自信を強めている。
複数の関係者によると、同社はサプライヤーや組み立てパートナーに対して、来期は前の期比で増産する計画を伝えた。

  スイッチは半導体不足の影響で過去2年以上にわたって供給不足に陥っていたが、同社は足元で増産への自信を深めているもようで、強い需要が少なくともあと1年は続くと確信しているという。同社は来期の生産目標について具体的な数字をまだ伝えておらず、需要が期待するほどでなければ下方修正されることもあり得る。

【【任天堂】switch本体、増産の見込み】の続きを読む