プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした5ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の5ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ:漫画 > NARUTO

      mixiチェック
    BOOKOFFでBORUTOが30円以下でしか売れなかった死にたいwwwwwwwwwwwwwwww

    ブックオフコーポレーション (BOOKOFFからのリダイレクト)
    中古貴金属・腕時計・アクセサリーの買取・販売 BOOKOFF SUPER BAZAAR(ブックオフスーパーバザー) - 「BOOKOFF」に様々な商材を複合させた大型パッケージ。「中古劇場」を2009年に名称変更。 BOOKOFF PLUS(ブックオフプラス) - 「BOOKOFF」にアパレルを複合させた中型パッケージ。
    34キロバイト (3,698 語) - 2022年9月2日 (金) 22:24

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
    NARUTOの後釜の漫画だし一冊100円以上で売れるんだろうなぁと思った俺が死にたい
    15冊売って330円しかならなかったBOOKOFF*

    【【悲報】フリマアプリを使わずに古本屋で単行本を売った男の末路www】の続きを読む

      mixiチェック
    NARUTOのイルカ先生って結局どのぐらいの強さなの?

    うみのイルカ 声 - 関俊彦、山本泰輔(幼少時代)、 高木渉(雨忍変装時)、演 - 市瀬秀和 里戦力となる忍者を養成する忍者学校(アカデミー)教師。鼻に横一文字傷跡がある。教師以外にも雑務を兼任している。一人称は「オレ」で、ナルト達からは「イルカ先生」と呼ばれている。三代目火影から直接「火
    296キロバイト (58,517 語) - 2022年8月19日 (金) 02:07

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
    音の五人衆に一方的にボコられそう

    【【NARUTO】うみのイルカの実力】の続きを読む

      mixiチェック
    ナルトでサスケとサクラがくっついたことにまだ納得していない

    並行して医療分野で活動している。それから数年後、一時期里を出てサスケと旅をしている間に彼結ばれ、娘・サラダを授かる。 うちはサクラとして主婦業の傍ら医療の場に戻り、滅多に休みが取れないほど多忙な日々を送っている。サラダの親子関係は良好だが、サスケ
    24キロバイト (3,826 語) - 2022年5月26日 (木) 15:38

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
    ナルトは努力して成功して夢を叶えたのに、女は結局チョイ悪のイケメンを選ぶんだなって
    少年漫画なのに夢がないじゃん

    【【NARUTO】サスケとサクラが結婚した件】の続きを読む

      mixiチェック
    NARUTOってセリフ回しあんまよくないよな

    NARUTO -ナルト-』(ナルト)は、岸本斉史による日本の漫画作品である。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。単行本の国内累計発行部数は2019年5月時点で1億5300万部、全世界累計発行部数は2億5000万部を突破している。
    270キロバイト (46,795 語) - 2022年8月18日 (木) 03:07

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
    お体にさわりますよ…

    【【漫画】NARUTOの欠点】の続きを読む

      mixiチェック
    ダンゾウがサスケをさっさと始末しなかった理由、ガチで謎すぎる……………………………………

    -ナルト- 疾風伝 キズナドライブ(志村ダンゾウ) 2011年 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットインパクト(志村ダンゾウ) 2012年 アスラズ ラース(転輪王) NARUTO -ナルト- 疾風伝 ナルティメットストームジェネレーション(志村ダンゾウ) 2013年 NARUTO -ナルト-
    69キロバイト (6,320 語) - 2022年6月12日 (日) 03:39

    1 風吹けば名無し
    サスケが復讐者になる可能性なんて最初から予見出来たし、本人も「いずれ木の葉に牙を剥くと踏んでいた」って言ってるやん

    それならなんでガキの内にさっさと始末しなかったんや

    【【NARUTO】ダンゾウがサスケをすぐに殺さなかった理由】の続きを読む

    このページのトップヘ