プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした2ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の2ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ:各ゲームのタイトル他 > メタルギア

      mixiチェック
    メタルギアにソコロフってヒゲ親父いたじゃん

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします

    仮にも3の潜入ターゲットの1人だってのに扱い悪すぎない?


    (出典 i.ytimg.com)


    【【MG3】科学者ソコロフという男】の続きを読む

      mixiチェック
    リキッドスネーク=マスターが声でバレバレすぎな件

    1 名無しさん必死だな@\(^o^)/

    なぜなのか


    (出典 i.ytimg.com)


    【【MGS】マクドネルミラー死亡してからリキッドが演じていた訳だが……】の続きを読む

      mixiチェック
    3大メタルギアシリーズの謎「カズが米軍の教官になれた理由」「パラメディックが狂人化した理由」


    【【メタルギア】メタルギアでなんかひっかかる事wwww】の続きを読む

      mixiチェック
    オセロットの物語

    (出典 Youtube)

    メタルギアシリーズ > メタルギアシリーズの登場人物 > リボルバー・オセロット リボルバー・オセロット(Revolver Ocelot、1944年 - 2014年)は、コナミ(現、コナミデジタルエンタテインメント)のアクションゲーム、メタルギアシリーズに登場する架空の人物。モデルは実在した映画俳優のリー・ヴァン・クリーフである。
    15キロバイト (2,327 語) - 2019年11月17日 (日) 14:15

    MGS3の最後でオセロットが「3重スパイ、トリプルクロス」って言ってたけど
    no title

    1 風吹けば名無し

    CIA→KGB→GRUやから2重スパイちゃうの?


    【【MGS】オセロットのトリプルクロスの意味】の続きを読む

      mixiチェック

    声優の仕事は東京に集中していった。 声優プロダクション付属の声優養成所(養成所)、声優になるためのレッスン指導を主とする養成所、声優関連の学校(声優養成学科がある専門学校)などの出身。 声優になることを目指すには、声優
    86キロバイト (12,968 語) - 2020年2月22日 (土) 07:59

    声優の“声援”に反響 悠木碧、梶裕貴、諏訪部順一、関智一ら自宅待機の人たちを支援|秋田魁新報電子版 - 秋田魁新報
    1. 声優の“声援”に反響 悠木碧、梶裕貴、諏訪部順一、関智一ら自宅待機の人たちを支援|秋田魁新報電子版  秋田魁新報
    2. 人気声優“朗読”で自宅待機を支援 “ヒーロー”梶裕貴、悠木碧の行動に称賛の声:紀伊民報AGARA  紀伊民報
    3. 声優の悠木碧さん、自宅待機の親子に絵本読み聞かせ SoundCloudで音源公開  ITmedia
    4. 豪華な布陣……! 声優の悠木碧が絵本朗読を無料公開、BGMは小岩井ことり担当  ITmedia ヘルスケア
    5. 梶裕貴、YouTubeチャンネル開設 朗読を配信へ「声優仲間と話し合い、行動を起こしました」  岩手日報
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    (出典:秋田魁新報)
    【ラジオ】「声優戦国時代」一芸に秀でた声優が人気 活躍するために必要な努力とは?

    1 muffin ★

    https://news.j-wave.fm/news/2020/04/post-5662.html
    2020年04月08日

    J-WAVEで放送中の番組『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「CURIOUSCOPE」。4月3日(金)のオンエアでは、声優総合情報誌『声優グランプリ』編集長の廣島順二さんがゲストに登場。活躍の場を広げる声優について語った。

    ■昔と今の“声優事情”
    TVアニメや海外ドラマの吹き替えをはじめ、アーティスト活動やラジオパーソナリティ、動画番組への出演など、声優は活躍の場を拡大し続けている。1994年創刊で25年以上の歴史がある雑誌『声優グランプリ』の編集長・廣島さんは、時代とともに変化した“声優事情”をこう語る。

    廣島:90年代、アニメは男性ファンが多いイメージが強く、『声優グランプリ』も創刊から13年間ほどは女性声優が表紙でした。でも、最近は女性のアニメ・声優ファンが増えて、創刊から13年後に男性声優がソロ表紙を飾るようになりました。
    渡部:ネット時代の到来で、声優の仕事も大きく変わったそうですね。
    廣島:そうですね。特にスマートフォンのゲームが出てきて、たくさんのキャラクターが登場するようになり、声優さんのニーズが高まりました。あとは、声優さんの動画番組がたくさん配信されるようにもなりました。
    渡部:声優の人数は増えてきているのでしょうか?
    廣島:全体の人数ははっきりとはわかりませんが、『声優グランプリ』では付録で「声優名鑑」というものを付けています。年々人数が増えておりまして、2020年は男女合わせて1500人を突破しました。


    ■一芸に秀でた声優が人気
    “声優戦国時代”と呼ばれる昨今、人気を集めている声優はどういった人たちなのだろうか。

    廣島:まずは声の演技力がベースにあり、ダンスや歌がうまい、トークができるといった、一芸に秀でている人が重用される傾向にあります。声優さんは、基本的に事務所が猛プッシュすることはありません。ですので、オーディションで勝つために自分で売り出し方を考える必要があります。
    渡部:自分たちでプロになるために頑張らないといけないわけですね。YouTubeをはじめる人も増えているそうですが、どういうことをしているのでしょうか。
    廣島:声の特徴を活かして、話題のASMR動画やおやすみメッセージを収録したり、演じたキャラクターが出ているゲームの実況をしたりしています。何をしていてもいい声なので(笑)。
    渡部:さすがですね。ちょっとずるいですね(笑)。日本の声優さんって海外でも人気があったりしますよね。海外進出といった話はあるのでしょうか?
    廣島:世界中のアニメイベントに声優さんが招かれて、アフレコやトークを披露されているので、海外からのニーズもあると思います。歌う声優さんも多いので海外ツアーをおこなう人もいます。
    渡部:なるほど。いろんなことをしていかないといけないっていうのは、テレビタレントに通ずる部分がありますね。


    ■声優の今後の活躍のカタチ
    最後に廣島さんは、今後の声優さんたちの活躍のカタチについて語った。

    廣島:若いときからアニメに親しんだ世代が増えてくると、日常生活にも声優さんのニーズが高まると思うんです。スマートスピーカーなどの音声デバイスを介して、自分の好きな声に囲まれた生活を送れる日が来るんじゃないかなと思います。


    【【悲報】今と昔の声優事情wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ