プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした2ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の2ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ: アンケート

      mixiチェック
    【漫画】少年マンガ史上「最高にかわいいと思うヒロイン」TOP32! みんながマジで選んだ人気ヒロイン1位は?  [Anonymous★]

    ヒロインと呼ばれる。 なお、物語の都合上では主人公への恋愛感情をまったく持っていない状態から、重要な出来事も無しに早いうちから一変して熱烈な恋愛感情を持つようになるヒロインもおり、そういった立ち位置のヒロインのことを「ちょろイン」「チョロイン」と呼ぶ向きもある。 一般概念の抽出
    8キロバイト (1,133 語) - 2021年8月15日 (日) 12:33



    1 Anonymous ★

    https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/347788/

     週刊少年ジャンプ、サンデー、マガジンなど、少年マンガ雑誌ではバトルやラブコメ、ミステリーといったさまざまなジャンルの作品が生み出されてきました。ストーリーや作画の良さはもちろん、個性豊かな登場人物に感情移入して、その世界に没入することで、作品に愛着が湧くというものですよね。そんなキャラクターの中でも大事なのが「ヒロイン」という存在。特にラブコメでは「推し」で派閥が分かれる、なんてこともありますよね。

     ねとらぼ調査隊では2021年8月17日~8月27日まで間、「あなたが『少年マンガ史上最高にかわいいと思うヒロイン』を教えてください!」というアンケートを実施。「あなたが好きな少年マンガであればどんなキャラクターでもOK」という条件で、キャラクター名を募りました。

     少年マンガは、長い歴史の中でさまざまな名作が生まれてきましたが、主人公や物語を支えていたり、主人公がヒロインである作品も少なくありません。 特にラブコメディ作品では、多くのヒロインが登場し、読者の「推し」が分かれるなんてこともよくあります。 本記事では、そんな「少年マンガ」から「あなたが最高にかわい…


     それではまずは、投票数TOP10のキャラクターを紹介していきます! 便宜上ランキング形式で紹介していますが、これから紹介するキャラクターは「誰かの推し」です。知らないキャラクターなら新しく知るきっかけにしたり、知っているキャラクターでも、読み返して魅力を再発見したりするのに役立ててください!


    第10位:潮田渚(暗殺教室)

    (出典 research.image.itmedia.co.jp)


     第10位は『暗殺教室』の主人公である潮田渚でした。突如、殺せんせーが担任となり、殺せんせーの暗殺を依頼された椚ヶ丘中学校3年E組の生徒で、目立った特技を持たないキャラクターですが、誰よりも「暗殺の才能」をもっており、ビッチ先生のハニートラップ技術を発揮する場面もありました。だが男だ。
     コメントを見てみると「かわいい」「過去に関してもわかってるけど、可愛さはそれすら凌駕する」といったコメントが多くの人に支持されました。だが男だ。



    第9位:春野サクラ(NARUTO -ナルト-)

    (出典 research.image.itmedia.co.jp)


     第9位は『NARUTO -ナルト-』より春野サクラでした。主人公のナルトと同じ第7班で、ナルトとサスケの成長や確執を一番近くで見てきたキャラクター。物語初期ではサスケが好きで、ナルトのことを邪魔者扱いしていましたが、サスケが大蛇丸の元へ行ってしまった際にはナルトに対して「サスケくんを連れ戻して」と泣いてお願いするなど、信頼を寄せるように。紆余曲折がありましたが、最終的にサスケと結婚しました。
     投票した人からは「長年サスケに恋をして実らせたのがすごい! それにただ守られてるだけの女の子じゃないのが普通のヒロインとは違うところだと思う」「最初ただのキツイ子かと思っていたけど、努力家だった内面のギャップ。あと見た目の華やかさ」といった努力して強くなっていくサクラが好きだという声が見られました。



    第8位:麗日お茶子(僕のヒーローアカデミア)

    (出典 research.image.itmedia.co.jp)


     第8位は『僕のヒーローアカデミア』の麗日お茶子でした。裏表のない性格で、主人公の緑谷出久が蔑称として呼ばれていたデクというあだ名を、「『デク』って…『頑張れ!!』って感じでなんか好きだ私」という言葉でポジティブなものに変えた重要なヒロインです。
     投票した人からは「麗日お茶子まじでデクを1番に支えてくれてるまじかわいい」「家族思いで家族を楽させる意志やデクくんみたいになりたいと言う意志に凄いなーと感じました」と他人思いで優しい性格に惹かれている人が多いようです。


    【【ランキング】少年漫画史上最高にかわいいヒロインとは】の続きを読む

      mixiチェック
    けっこう意外? 【少年漫画】最終回が最高だったランキング、3位「タッチ」2位「鋼の錬金術師」1位は? 


    1 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です


    (出典 img.5ch.net)

     
    国内最大級のランキングサイト・gooランキングは7月9日、「最終回が最高だった少年漫画」の
    アンケート結果を発表。ランキング形式で56位までを公開した。

     5位となったのは、週刊少年ジャンプの「鬼滅の刃」だ。2020年5月に最終回を迎え、ジャンプ作品としては
    かなり短めの23巻で終了した鬼滅だが、原作終了後に公開された劇場版が興行収入400億円を突破するなど
    社会現象レベルの人気を博したことは記憶に新しい。年内にはアニメ第2期も始まることが決定しており、
    連載終了した今なお人気は加速度的に高まっている。

     そんな鬼滅を上回る4位にランクインしたのは、同じく週刊少年ジャンプのバレーボールマンガ
    「ハイキュー!!」となった。主人公の日向翔陽(しょうよう)が、高校バレーで身長のハンデを覆しながら
    全国大会出場など“頂”を目指していくストーリーだ。

     2位には月刊少年ガンガンで連載されていた「鋼の錬金術師」が入った。母を生き返らせようと
    禁忌である「人体錬成」に手を出し身体を失った兄・エドワードと弟・アルフォンスのエルリック兄弟が、
    すべてを取り戻すため旅を続けるダークファンタジー作品だ。2021年は連載開始20周年という
    節目の年でもあり、7月12日には記念プロジェクトが発表されている。

     数々の話題作を抑えて1位に輝いたのは、週刊少年サンデーの「犬夜叉」となった。
    「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」など数々のヒット作を生み出してきた
    ラブコメマンガのレジェンド・高橋留美子氏が1996~2008年に連載した作品だ。
    なおうる星やつらは12位にランクインしている。
    https://otona-life.com/2021/07/16/74514/

    ランキング
    1位 犬夜叉
    2位 鋼の錬金術師
    3位 タッチ
    4位 ハイキュー!!
    5位 鬼滅の刃
    6位 SLAM DUNK
    7位 暗殺教室
    8位 ラフ
    9位 銀魂
    10位 あしたのジョー
    11位以下はこちらで
    https://ranking.goo.ne.jp/column/7078/ranking/53188/?page=2



    【【少年漫画】最終回が最高だった漫画アンケートを実施、結果は…】の続きを読む

      mixiチェック
    漫画史上最高の「ツッコミ役」って誰だと思う?

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    ビュティか?


    (出典 i.ytimg.com)


    【漫画史上最高のツッコミ役とは】の続きを読む

      mixiチェック
    ONEPIECEよりバキシリーズの方が面白いだろ


    1 マロン名無しさん

    バトルシーンも迫力あるし


    (出典 renote.jp)


    【純粋に戦いだけならバキシリーズの方がワンピースより優れているという事実】の続きを読む

      mixiチェック
    絵が抜群に上手い漫画家ってだれがおる?

    漫画家(まんがか、英: cartoonist、comic artist)は、漫画作品を描く制作を生業とする人のこと。風刺漫画から、四コマ漫画などのギャグ漫画、短編のストーリー漫画、シリアスな展開の長編漫画まで、いずれの場合もこれら漫画の絵を描く制作者は漫画家と呼ばれる。 日本漫画家協会は英名が「JAPAN
    11キロバイト (1,655 語) - 2021年2月27日 (土) 23:37



    1 名無しさん@おーぷん

    ワイは紅、終わりのセラフの山本ヤマトを推す


    (出典 jumpsq.shueisha.co.jp)


    【【アンケート】画力のある漫画家】の続きを読む

    このページのトップヘ