プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした2ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の2ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ:各ゲームのタイトル他 > コーエーテクモゲームス

      mixiチェック
    ジャギとアミバって手組んで戦えば
       


    (出典 www.manga-anime-hondana.com)



    【【北斗の拳】三下の二人が手を組んだら】の続きを読む

      mixiチェック
    仁王2のキャラクリ神レベルでワイ震えるw ww ww

    1 名無しさん@おーぷん


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    ワイのキャラクリした子美人すぎて終始フルオッキ


    仁王2
    コーエーテクモゲームス
    2020-03-12


    com/news/202010/14207542.html 仁王 - 1作目 仁王2 仁王2 Complete Edition 「仁王」シリーズ公式アカウント (@nioh_game) - Twitter 「仁王」シリーズ - YouTubeプレイリスト 仁王2 - YouTubeプレイリスト 仁王2 - YouTubeチャンネル
    4キロバイト (319 語) - 2020年11月13日 (金) 17:49


    『仁王2』DLC第3弾“太初の侍秘史”レビュー。物語の最終章や、やり込み度100%コンテンツ“奈落獄”が楽しめる! - ファミ通.com
    1. 『仁王2』DLC第3弾“太初の侍秘史”レビュー。物語の最終章や、やり込み度100%コンテンツ“奈落獄”が楽しめる!  ファミ通.com
    2. 「仁王2」,DLC第3弾となる“太初の侍秘史”の配信と,すねこすりのぬいぐるみとゲームをセットにした“GAMECITY セット”の予約受付が本日スタート  4Gamer.net
    3. 『仁王2』DLC第3弾“太初の侍秘史”で追加されるエンドコンテンツ"奈落獄"とは!?  電撃オンライン
    4. 『仁王2』を完結させる最後のDLCは「奈落獄」へ続く新しい旅の始まりだった!「太初の侍秘史」試遊レポート  IGN JAPAN
    5. PS4版「仁王2」にて有料DLC第3弾「太初の侍秘史」が配信開始!エンドコンテンツ「奈落獄」が追加  Gamer
    6. Google ニュースですべての記事を見る

    (出典:ファミ通.com)

    【【PS4】仁王2とかいうキャラクタークリエイトに極振りしたゲームwwwwwwww】の続きを読む

      mixiチェック
    ゼルダ無双最新作が面白そう過ぎる


    ゼルダの伝説シリーズ > ゼルダ無双ゼルダ無双』(ゼルダむそう、英題:Hyrule Warriors)は、コーエーテクモゲームスより2014年8月14日に発売されたWii U用アクションゲーム。 無双シリーズと任天堂「ゼルダの伝説シリーズ」とのコラボレーション作品で、ゼルダ
    76キロバイト (12,202 語) - 2020年9月9日 (水) 08:13

    して敵を挑発するなど少々やんちゃな性格付けがなされた。『ゼルダ無双』では、自分の力を過信して一人で敵陣に突っ込むという場面がある。 親族が作中に登場することは少なく、『風のタクト』など、一部の作品にとどまる。 タイトルにもなっている女性「ゼルダ」との関係は、危機に瀕したハイラル王国の姫とそれを救う勇
    73キロバイト (10,362 語) - 2020年9月13日 (日) 11:07


    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします

    神ゲーだろ…

    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)


    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)


    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)


    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)


    (出典 topics-cdn.nintendo.co.jp)


    【【神ゲー】2020年11月20日発売予定、ゼルダ無双厄災の黙示録】の続きを読む

      mixiチェック
    織田信長の家臣だった森蘭丸について教えてくれ

    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします

    戦国無双してたらなんか好きになったんだけど





    【織田家臣、森蘭丸という人物について】の続きを読む

    このページのトップヘ