プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした5ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の5ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ:アニメ > スラムダンク

      mixiチェック
    「SLAM DUNK」井上雄彦氏、アフレコ2年間つきっきり!桜木花道声優が告白

    SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK 『THE FIRST SLAM DUNK』(ザ・ファーストスラムダンク)は、2022年12月3日に公開されたアニメーション映画。 原作『SLAM DUNK』の最終回を迎えてから実に26年半を経ての映画公開であり、原作者の井上雄彦が監督…
    17キロバイト (1,551 語) - 2023年1月11日 (水) 08:38

    1 Ailuropoda melanoleuca ★
    1/14(土) 10:47配信 デイリースポーツ

     大ヒット中のアニメ映画「THE FIRST SLAM DUNK」で桜木花道の声を担当している声優でタレント・木村昴が8日に放送されたTBS系「アッコにおまかせ!」に出演し、原作者でもある井上雄彦監督の濃密な演出について語った。

     公開前にはアニメ放送時から声優が変更になったことも話題となった。木村は「プレッシャーもすごいあったんですけど、運命的なものも感じたので、心を込めて一生懸命やろうという気持ちで臨みました」と作品への思いを語った。

     収録では、井上監督が「生々しさ、リアリティー」にこだわっていたと説明。「声優人生でまったくやったことのないお芝居に挑戦してる。なるべく生々しい、実写映画に近いお芝居をしてる」とアニメ的な極端な演技は排除したことを明かした。

     公開まで、作品の情報が極秘にされていたこともヒットにつながっているが、木村は「めちゃくちゃ言いたかったです」と機密保持に苦心したと語った。「アフレコ自体も2年くらいの歳月をかけて収録したんです。一言に3時間かけて収録する時もあったり、2行のせりふを丸1日かけてとか」と通常のアニメでは考えられないようなスケジュールだったことも明かした。

     井上監督もアフレコにつきっきりだったという。「井上監督がぼくの横にずっといて収録している感じだったんです」とブースの中で直接指導されたと説明。原作者でもある監督がすぐ隣にいるという重圧はあったが「監督が『おもしろい。そういう花道もいるんだなぁ』って。『こうしてほしい』っていうよりも一緒に、先生(井上監督)がイメージする桜木花道に近づいていくような作業ですよね」と共同作業だったと語った。収録後には井上監督から「木村君と一緒に桜木花道を作っていたような感覚になって、とても楽しかったです」とメッセージを送られたことも明かした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a40f89e3b2feb929123581fa3a6702b362c3ac30




    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    【【アニメ】スラムダンク作者、連載中の漫画が休載していた理由が判明】の続きを読む

      mixiチェック
    映画版『スラムダンク』声優全とっかえで往年のファンから非難轟々「一気に熱冷めた」「昔の思い入れがありすぎる」

    SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK THE FIRST SLAM DUNK(ザ・ファーストスラムダンク)は2022年12月3日に公開される予定のアニメーション映画。 『SLAM DUNK』原作者の井上雄彦が監督・脚本を務める。当初はタイトル未定で2022年秋に公開予定であったが、…
    7キロバイト (737 語) - 2022年11月6日 (日) 03:43

    1 鳥獣戯画 ★
     11月4日、人気漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の新作アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』の声優メンバーが発表された。だが、テレビアニメ版とはメンバーがすべて変更されていることから、SNSには非難の声が多くあがっている。

     発表によれば、湖北メンバー5人の声優は、PG・宮城リョータ役を仲村宗悟、SG・三井寿役を笠間淳、SF・流川楓役を神尾晋一郎、PF・桜木花道役を木村昴、C・赤城剛憲役を三宅健太が担当するという。

    「1993年に放送されたテレビアニメ版では、宮城リョータ役を塩屋翼さん、三井寿役を置鮎龍太郎さん、流川楓役を緑川光さん、桜木花道役を草尾毅さん、赤城剛憲役を梁田清之さんが務めていました。

     こうしたアニメのリメイクでは、声優陣の交代は珍しいことではありません。

     ただ、『SLAM DUNK』はあまりにも人気が高く、旧声優陣はいまなお現役で活躍されています。前売りチケット販売後の告知だったこともあり、SNSでは『なぜわざわざ声優陣を変えたのか』『順番が逆でしょ』といった不満の声が続出しています」(エンタメライター)

     原作者で、今回の新作映画の監督・脚本を務める井上雄彦氏は、10月に自身のブログで《今回の映画は新たな視点で描いたスラムダンクと言えます。キャラクターたちの新たな絵を描く時のように、何度も描いてきたはずだけど初めて出会う人のように、この映画も新たな命のようなものを持つことを願って取り組みました》とつづっている。

    《知らない人には初めての、知ってる人には、知ってるけど初めて見るスラムダンク。そんな感じで気軽に楽しんでもらえたら嬉しいです》とも記している。こうしたコンセプトもあり、声優メンバーを入れ替える決断をしたのかもしれない。

     とはいえ、大人気作品だけに、テレビアニメ版の雰囲気を残してほしかったという声は多い。

    《こんな事言いたくないけど古参のファンとして一言 なぜ当時の声優陣を全とっかえしたんだよ、スラムダンク大ファンとしては残念で仕方ない  特に桜木の声違和感ありまくり、なんか一気に熱冷めたわ、、、》

    《第一線で活躍されてる声優さんが今も居るのに、なぜキャストを代える必要があるのか。制作側、井上雄彦先生の考えがあるのは理解するけど、初代のアニメファンの気持ちも考えてもらいたかった。流川が緑川さんじゃない。三井が置鮎さんじゃない。ありえないわ》

    《声優さんが悪いわけじゃない。でも、やっぱり昔の思い入れがありすぎる!!》

     映画の公開は12月3日から。すでに座席指定券の販売がスタートしているが、現時点ではガラガラ状態だ。はたして、前評判を覆すことはできるだろうか。

    2022.11.05 14:30
    FLASH編集部
    https://smart-flash.jp/entame/208415

    【【悲報】声優陣変更、桜木花道 木村昴!】の続きを読む

      mixiチェック
    映画スラムダンク 湘北VS山王編が全く話題になってない件について

    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    DUNK』(スラムダンク)は、バスケットボールを題材にした井上雄彦による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21
    78キロバイト (7,502 語) - 2022年6月9日 (木) 09:47

    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします

    (出典 i.imgur.com)


    井上雄彦の公式リリースきてるんだが?

    【【映画】スラムダンク、湘北VS山王について】の続きを読む

      mixiチェック
    【速報】PV動画有:スラムダンク、映画化決定!!

    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    animation スラムダンク I Love Basketball』(セガサターン):1995年8月11日 バンダイ 『From TV animation スラムダンク 〜SDヒートアップ!!〜』(スーパーファミコン):1995年10月27日 バンプレスト 『スーパースラムズ -FROM TV ANIMATION
    77キロバイト (7,415 語) - 2021年8月13日 (金) 13:14



    1 エリシペロスリックス(調整中) [US]


    『SLAM DUNK』新作映画、来秋公開が決定 PV公開で監督・脚本は原作者の井上雄彦氏
    2021-08-13 20:05 オリコンNEWS

    人気漫画『SLAM DUNK』(スラムダンク)の新作アニメ映画(タイトル未定)が、2022年秋に公開されることが決定した。
    作品公式サイトや東映アニメーションの公式YouTubeチャンネルなどで発表された。
    PVではスタッフ情報も公開され、監督・脚本は原作者の井上雄彦氏が担当する。

    PVでは湘北高校バスケ部のメンバーがユニフォーム姿で円陣を組んでいる姿(ラフ絵)を見ることができるほか、
    スタッフの名前がズラリ。キャラクターデザイン/作画監督を江原康之氏、音響監修を鶴岡陽太氏らが務める。

    『スラムダンク』は、『週刊少年ジャンプ』で1990年42号から1996年27号まで連載していたバスケットボール漫画が原作。
    湘北高校バスケ部に入部したバスケ初心者の主人公・桜木花道が、チームメイトの流川楓との衝突や強豪校との試合
    の中で才能を急速に開花させていく姿が描かれている。

    手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物たちが、読者の共感を呼び圧倒的な支持を受け、
    国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部を突破。その影響からバスケを始める少年少女が続出し
    社会現象に。『週刊少年ジャンプ』が前人未到の最大発行部数653万部を達成した1995年新年3・4合併号では
    全ページフルカラーで巻頭を飾った。1993年~1996年にテレビアニメが全101話放送され、劇場アニメも数作、
    公開されている。

    2020年に連載30周年を迎え、新作映画は2021年1月に原作者の井上雄彦氏が自身のツイッターで「【スラムダンク】映画になります!
    #slamdunkmovie」とサプライズ発表し、ファンを驚かせた。なお、テレビアニメは湘北高校バスケ部が、インターハイの試合会場へ向かうところで終えていた。

    https://www.oricon.co.jp/news/2203397/full/

    (出典 contents.oricon.co.jp)

    tps://www.youtube.com/watch?v=RGEdQv95PgY

    (出典 img.youtube.com)


    【【朗報】スラムダンク映画化決定!PV動画も】の続きを読む

      mixiチェック

    SLAM DUNK (スラムダンクからのリダイレクト)
    animation スラムダンク I Love Basketball』(セガサターン):1995年8月11日 バンダイ 『From TV animation スラムダンク 〜SDヒートアップ!!〜』(スーパーファミコン):1995年10月27日 バンプレスト 『スーパースラムズ -FROM TV ANIMATION
    76キロバイト (7,207 語) - 2021年6月13日 (日) 06:26



    (出典 i0.wp.com)



    1 風吹けば名無し

    1 赤木剛憲
    2 桜木花道
    3 水戸洋平
    4 鉄男
    5 流川楓
    6 竜
    7 堀田徳男
    8 宮城リョータ
    9 高宮望
    10 三井寿


    【【スラムダンク】喧嘩が強いランキング】の続きを読む

    このページのトップヘ