「クレヨンしんちゃん」はひまわりが生まれる前に限る

クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん (アニメ) 『クレヨンしんちゃん』は、臼井儀人(らくだ社)の同名の漫画作品を原作とし、1992年4月13日からテレビ朝日系列で放送されているテレビアニメである。 2022年3月時点では土曜の16:30 - 17:00の放送枠で放送されている。1992年4月
175キロバイト (19,501 語) - 2022年8月28日 (日) 15:42

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
兄という立場になってしまうと何かが違う




2 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
ひまわり誕生直前あたりの作画が好き

3 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
檸檬「そうじゃな」

5 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>3
お前は分かってる
両津勘吉は永遠の子どもであるべきなんだ
親の立場になったら何かが違う

4 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
俺はまたずれ荘まで

6 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
映画は生まれてからの方がおもろい

7 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
そりゃ初期は大人向けの原作のエッセンスがアニメにも反映されてたからな

9 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>7
アニメが「教育に悪い」という非難を受けたせいで
原作にひまわりを登場させて「兄としての責任や倫理」みたいな要素を入れざるを得なかったんじゃないかと勘ぐっている

16 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>9
普通に視聴率低下からのテコ入れじゃなかった?

8 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
またずれまでの作画がすき

10 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
子供向けアニメは教育という役割を担わされるから仕方のないことなんだけどね
残念ながら原作初期の風刺強めな作風は弱まる

11 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
子供ながらにミッチーとヨシりん出てくる回クソ面白くねえなと思ってた

12 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
天安門広場とか今は絶対できないだろうな

13 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
今しんのすけの声違うんだっけ

14 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>13
しんのすけもひろしも組長もよしなが先生もななこおねえさんもぶりぶりざえもんも声違うぞ

15 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
クレヨンしんちゃんは大人向けの作品であっていわゆる「大人」を小*にする(風刺する)内容になっている
これを子どもが読んでしまうと親を*にするようになるのでアニメ化当初の「子どもに見せたくない」という親の反応はある意味必然

17 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>15
どっかのタイミングで母ちゃん呼びで固定されてみさえ~って言わなくなったんだよな

20 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
>>17
みさえ呼びをするのはヒロシの真似をしてるだけなんだよな
子どもは親の真似をするという当たり前の事実を風刺的に描いてるだけなのに
一部の「大人」達はそれが不愉快らしい

18 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
wikipedia「ひまわりは臼井儀人がネタ作りに限界が来たため登場させた」

とのこと

19 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
今の親ってクレしん見て育ったわけじゃん今もクレしんって有害みたいな扱いなん